ロックパートナーは名古屋市に店舗を構える鍵屋です。

 鍵交換 カギ修理 かぎ開錠 紛失鍵作製 補助錠取付 防犯対策 合鍵 スペアキー

ロックパートナー

名古屋市内 名古屋市近郊のカギのトラブルを解決します。
当社の価格は出張料金・作業工賃全て込み!
作業前に必ず料金の総額をお伝えします。
総合受付ダイヤル※携帯からもかかります
フリーダイヤル 0120-309-987 営業時間:午前9時〜午後8時

HOME
出張エリア
業務内容
料金一覧
店舗案内
割引クーポン




作業風景のページ

 
 鍵の専門店
   ロックパートナー
名古屋市中川区昭和橋通5−27
   0120-309-987
    052-384-5575
世界の合鍵3000種類
スペアキー
からの作製
OK!
折れ鍵
曲がった鍵
復元できます。
特殊キー
ディンプルキー
輸入住宅の鍵
年中無休
他店で断られた鍵も
    ご相談下さい。
スーツケースや手提げ金庫などのダイヤル開錠 持ち込み歓迎
出張・作業対応時間
午前9時〜午後8時

店舗営業時間
午前10時〜午後7時
※土日祝日は午後6時まで


金庫のトラブルお任せ下さい!
金庫ダイヤルの番号調べ、鍵開け、修理、移設、廃棄など 何でもご相談下さい。

金庫TOP 金庫の種類 トラブルのパターンと
お問い合わせの方法
お客様に試していただきたい
解決方法
トラブルのパターンと お問い合わせの方法
 
 よくある金庫のトラブルを書き出してみました。
 

 
 トラブルその1   「ダイヤル番号が分からない!」

一番出動件数が多いのがダイヤルのトラブルです。

●原因1 
ダイヤル番号を合わせておいて、鍵だけで金庫を開け閉めしている方に起こるトラブルです。
「引越しの際にダイヤルが動いてしまった。」「子供がいたずらで動かしてしまった。」
「ガムテープで止めておいたけどダイヤルがずれてしまった。」などいろいろな理由でお問い合わせをいただきます。
●原因2  
「会社などで経理の担当者が代わり、ダイヤル番号が分からなくなった。」
これは残念なことなのですが、「金庫の持ち主がお亡くなりになられて番号が分からない。」
など番号を知っている方が居なくなってしまうケースです。

 ◎弊社での対応  
  ロックパートナーでは、ほとんどの金庫を壊さずに開錠しています。
  開錠した際に、お客様にダイヤル番号をお伝えします。



 ●ダイヤル式金庫のトラブル お問い合わせの方法
まず、金庫の大きさをお教え下さい。だいたいで結構ですので、「高さ」「横幅」が何センチくらいあるのか。
次に「カギはあるけどダイヤル番号だけ分からない。」もしくは、「カギも無くなって、ダイヤル番号も分からない。」のか教えて下さい。
そして、分かるのであれば、金庫の「メーカー」さんや「何年くらいご使用の金庫」かお教え下さい。
これだけ教えていただければ、かなり正確にお電話で料金をお伝えできます。

もう一度お客様から教えていただきたいことを整理してみます。

1、金庫の大きさ「高さ」「横幅」。だいたいで結構です。
2、カギの有無
3、金庫のメーカー
4、使用年数
 1〜4までの分かる範囲だけで結構です。


トラブルその2  「カギが無くなってしまった。」

一本しかなかった鍵が紛失してしまったり、鍵が折れた・曲がって開かないなどというお問い合わせもいただきます。

 ◎弊社での対応
 紛失鍵作製作業: 鍵穴を覗いて鍵のパターンを読み取り、鍵を削り出します。
 シリンダー交換作業: 紛失鍵作製や鍵の復元ができないものは、鍵穴を交換いたします。



 ●鍵が無くなってしまった場合のお問い合わせの方法
1、金庫の大きさ「高さ」「横幅」だいたいでけっこうです。
2、鍵の形状を教えて下さい。
3、ダイヤル番号は分かりますか?
 1〜3番までをお問い合わせの際にお教え下さい。
 
   鍵の種類
片面ギザギザキー(一般キー)     ディンプルキー         マグネットキー

トラブルその3  「鍵もある!番号も分かる!でも開かない」

昨日まで開いていたのに突然開かなくなるパターンです。
もしくは、長いこと開けていない金庫を久しぶりに開けようとして開かないというパターンもあります。
 
 ◎弊社での対応
 故障で開かない時は、金庫を壊さないと開かない場合もあります。
 なるべく復旧できるように壊します。例えば、鍵穴が壊れて開かない場合は鍵穴のみ破壊し、
 開錠後には鍵穴部分を新品に交換することも可能です。
 

 ●原因1 
まずは金庫の故障が考えられます。金庫はなかなか壊れない丈夫な道具ですが、人間が作ったものですから壊れる時はどうしても壊れます。
 ・鍵穴の故障:鍵(キー)がすり減っていて開かない。又は鍵穴の内部が壊れている。
 ・ダイヤル部分の故障:番号を合わせても開かない場合はダイヤルの空回りやネジのゆるみなどが考えられます。
 ・プッシュボタンの故障:静電気などで基盤がショートして壊れてしまう。
 ●原因2
人為的なミスやお客様の勘違いがあります。
 ・ダイヤルの回し方が間違っている。
 ・プッシュボタン式金庫の場合は電池切れがあります。
 ・金庫の内部に書類等を入れすぎると金庫の枠と扉の間に物が挟まって開かなくなる場合があります。
 

 お電話でのお問い合わせの際に、金庫の種類や大きさ、何年くらいご使用されているのか分かる範囲で結構ですのでお教え下さい。


カギのトラブル解決します!
ロックパートナー
見積もり提示・全て込みの安心料金システム
名古屋市内・近郊料金一律
 0120-309-987




Copyright(C)2008 ロックパートナー All right reserved